さびないカラダ くりむが書いた記事

ぬか床をしこみなおしました

2017/02/14

以前、ぬか床と捨て漬けを使った炒め物を紹介しましたが、今年の夏、猛暑でぬか床を腐らせてしまいました・・・。

とっても残念だったのですが、これを機に自分でぬか床を作ろう!と思い、涼しくなるまで待っていました。

おいしいもの好きの友人が、自宅で玄米を精米したときにでた生ぬかを送ってくれたので、このタイミングで仕込んでみることに。

 

これまでは、ぬか床を作ってくれたおばが用意してくれた、高さが40センチくらいある大きなタッパーウェアを使っていましたが、今度は冷蔵庫に入れられるサイズにしたいと思い、無印良品の深めのホーロー容器にしました。

一度にたくさん漬けることもないので、これくらいで十分です。

・液体とニオイが漏れない バルブ付き密閉ホーロー保存容器 深型・大 約幅19×奥行23.5×高さ7.5cm

http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4934761337586

 

ぬか床の作り方は、こちらのサイトがわかりやすいので、参考にしました。

・白ごはん.com

http://www.sirogohan.com/recipe/nukadoko/

 

まずは、材料・道具の準備から。

image_1

・ぬか 300グラム

*容量約3リットルの容器では、倍の600グラムあるとよかったです。

・塩水用の水 300グラム強

*沸騰したあとに蒸発する分も入れて300グラム強にしました。

・塩 40グラム弱

*上記サイトによると、塩は13%が目安

・昆布 2切れ

・鷹の爪 3本

・捨て漬け用の大根

*キャベツや大根など、水分の多いものが適しているそうです。

・ぬか床の容器

*ホーローだけでなく、プラスチック製のものも手軽でよいようです。

 

では、作業開始。

鍋でお湯を沸かして少しおいたら火からおろし、塩を溶かします。

ぬかとまぜるときには冷めていないといけないので、さましておきます。水を張ったたらいで粗熱をとったあと、冷凍庫で急冷しました。

image_2

塩水をさましている間に、捨て漬け用の大根の準備です。

洗って皮をむいたあと、塩(分量外)でもんでおきます。

ぬか漬けが上手なおばも、漬ける野菜は強めの塩でもんだほうがおいしいと言っていました。

image_3

 

ホーロー容器に入れたぬかに、冷めた塩水加えて手で混ぜます。

ゆるめの味噌くらいがちょうどよい具合とのこと。

image_4

 

この時点で、容器に対してぬかの量がまったく足りないことに気づきました・・・。この倍の600グラムあるとちょうどよさそうですので、近いうちに足します。

ここに、捨て漬けの野菜と、昆布、鷹の爪を入れて、仕込みは一応完了。

image_5

 

ぬか床が落ち着くまで(1週間くらい)は1日2回かき混ぜて、捨て漬け野菜は3−4日で換えるとよいとのこと。

早急にぬかを足して、ぬか床を完成させたいと思います。

ぬか床が完成したら、カブやキュウリをつけるのが今から楽しみです。

 

by くりむ

-さびないカラダ, くりむが書いた記事
-, , , ,