さびないカラダ くりむが書いた記事

掃除に香りをとりいれる

2017/01/17

床掃除をするとき、掃除機の出し入れを面倒に感じることってありませんか?

以前はスティック型の掃除機を使っていたのですが、収納場所から出して、コードをのばしてコンセントをさして、またしまって・・・というのがどうにも面倒に感じていました。

フィルター部分にごみがたまったら捨てないといけないですしね。

 

そんなわけで、何年も前に掃除機が壊れたのをいいことに、掃除機を使っていません。

自宅がフローリングと畳なので、ほうきとちりとりでごみをとって、拭きたいときはクイックルワイパーやぞうきんで拭けば事足りています。

ハンディタイプの掃除機くらいあった方がよいのかなと思いつつ、この状態が続いています。

 

new_image1

10年くらい前に、たまたま見かけた荒物屋さんで売っていたほうき。

しゅろのほうきも憧れますが、まだまだ現役でがんばってくれているので、もうしばらくこちらのほうきにお世話になろうと思います。

 

new_image2

平日は掃除をする余裕がないので、週末にささっと掃いたあと、気がむいたらぞうきんがけを。

ただの水拭きではなくて、好みの香りのエッセンシャルオイルを1−2滴たらしたぞうきんで拭くと気持ちがよい、ということを読んで以来、いくつかの香りを試しています。

拭き終わった後は、ほんのりと香って、きもちがよいものです。

 

ちなみに、トイレでも小瓶にお塩を入れて、エッセンシャルオイルをしみ込ませたものを置いています。

芳香剤ほど強くなく、さりげない香りをとりいれることができておすすめです。

 

by くりむ

-さびないカラダ, くりむが書いた記事
-, , , , , ,