さびないカラダ くりむが書いた記事

だしがら活用法:昆布の佃煮

前回につづき、今回は、だしがらの昆布を使った佃煮を作ります。

30分もあればできますので、気持ちに余裕のあるときにぜひ。

 

材料はだしをとったあとの昆布。

まとめて作るものなので、昆布がたまるまでは冷凍しておきます。

写真の左側は今回とっただしがらで、右側は冷凍しておいたもの。合わせ節も入っています。

 

まずは昆布を細切りにします。冷凍してあった分は冷たいですが、ここだけがまん。

 

ぬか床で余分な水を吸わせるために入れていた干し椎茸も刻んでみました。

他に、ごま、干しえび、山椒などもおいしいですよね。

 

手頃な鍋かフライパンに、昆布などの材料、水、しょうゆ、砂糖、みりん、お酢を入れて、15分ほど煮ます。

ごく少量のお酢を入れると、後味がさっぱりしますよ。

 

焦げ付かないように弱火で煮て、これくらいまで水分を飛ばします。

 

あら熱がとれたら保存容器へ。冷蔵庫で1週間はもちます。

 

お弁当に入れるとよい箸休めになりますよ。

 

by くりむ

-さびないカラダ, くりむが書いた記事
-, , , , ,