さびないカラダ くりむが書いた記事

ぬか床にかぶを漬けました

2017/01/17

夏にだめにしてしまって、10月に仕込み直したぬか床。

やっといい具合になってきました。

仕込んだ当初はぬか臭さがしていたぬか床も、毎日かき混ぜていくうちに、1週間ほどした頃からだんだんとぬか臭さが減ってきて、爽やかな香りになってきました。

ぬかを舌先につけて味見をしてみても、当初は塩辛さばかりのとがった味でしたが、最近は塩気がなじんでやわらかい味に。

途中、昆布が完全に溶けてしまったので、昆布を追加しました。

 

完成したぬか床に、まずはかぶから漬けてみました。

よく洗ったあと、小さめのかぶなので、実の部分は皮をむかずに半分に。

葉の部分は、半分の長さに切って、塩をふってしばらく放っておきます。

new_1

new_2

 

それぞれにぬかをなじませて、ぬか床へ。

(写真をとったあとは、すべて見えなくなるようにぬかの中にしっかりと埋めました)

new_3

 

2日後。

new_4

水分が出てしんなりとして、食べごろです。

かぶの実のきめの細かい歯ざわり、ぬかの風味、いずれもカンペキです。

写真は半玉ですが、1玉ぺろっと食べてしまいました。

 

キャベツや大根といった定番の野菜もいいけれど、山芋も漬けたいな・・・などと夢が広がります!

 

by くりむ

-さびないカラダ, くりむが書いた記事
-, , , ,