さびないカラダ くりむが書いた記事

がんばらないお弁当生活

2017/01/17

お昼ごはんは、週に4−5日は自分で作ったお弁当を食べています。

お弁当といっても、気合いをいれると大変なので、前の日の晩ごはんの残りとか、作り置きや冷凍しておいたおかずを入れて、楽に続けられるようにしています。

かつては、職場近くのお店に行ったり、お弁当を買ったりしていたのですが、どうにも飽きてしまいます。

ふつうのものが食べたいなぁと思って、自分でおにぎりを作ったり、簡単なお弁当を作って持っていくようになりました。

 

new_image1

この日は、ぬか漬けがおいしく漬かったので、玄米ごはんの上にぬか漬けと昆布の佃煮を載せました。

おかずは、豚肉とレンコンの塩こしょう炒め、ほうれん草のごま和え、もやしの塩ゆで(下に敷いています)、ミニトマト。

レンコンの塩こしょう炒めは、黒こしょうをこれでもかときかせるのがポイントです。

 

new_image2

豚肉と大根の皮のぬか漬けの炒め物、干しえびとネギの卵焼き、もやしの塩ゆで、ミニトマト。

もやしの塩ゆでは、ごま和えにしたり、少量のごま油で和えたりもします。

ごはんにのせた梅干しは、初夏に漬けたもの。

 

new_image3

年明けは、正月料理の残り物が続きます。楽なのですが、飽きちゃったりもして・・・。

この日は、ナムル、ジョン、煮物をつめました。

ごはんは、冷凍しておいた炊き込みごはんを。炊き込みご飯、幸せです。

 

固めの目玉焼きを焼いて、トーストした食パンに千切りキャベツと一緒にはさんでサンドイッチにすることもあります。

お湯で溶くタイプのみそ汁やスープも添えれば、満足感もアップ!

外食とは違った、ほっとする気分を味わえますよ。

 

by くりむ

-さびないカラダ, くりむが書いた記事
-, , , ,