さびないカラダ くりむが書いた記事

青森のお米「青天の霹靂」

 

東北の親戚から、「おいしいんだって!」と青森のお米「青天の霹靂」をもらいました。

パッケージデザインからして、ぱきっとしたすてきな雰囲気です。

 

お米を研いで、30分ほど水を切り、浸水させて炊飯。

湯気がしゅんしゅん出るこの時間、お米の炊けるいいにおいがたちこめます。

 

お茶碗によそって食べてみました。

適度にしっかりとした歯ごたえ。ほどよい甘みで、「あぁ、お米を食べている!」「お米っておいしいんだよなぁ!」と、思わず天を仰ぎました。

袋裏面には「粘りとキレのバランスがいい」「上品な甘みの残る味わい」という文字が。たしかにその通りだ・・・と納得。

 

ちなみにこの日の献立はこちら。

ごはん「青天の霹靂」、自家製梅干し、焼き海苔、レトルトみそ汁、お弁当用の作り置きおかず各種(にんじんのラペ、ほうれん草のナムル、長いものソテー、豚コマと玉ねぎのしょうが焼き)。

 

冷凍用に小分けして、少しだけ残った分は、塩むすびにして明日の朝ごはんに。

冷めたおにぎりもおいしいんですよね・・・。いくらでも食べられそうです。

他の土地のおいしいお米も食べてみたいなぁと興味がわいてきます。

 

byくりむ

-さびないカラダ, くりむが書いた記事
-, , , ,