さびないココロ くりむが書いた記事

洋裁の注文&おまけ

以前、こちらの洋裁の本を見て自分のワンピースやパンツを作ったのですが・・・。

気に入って着ていたら、「私にも作って!」と何人かから声をかけられました。

一緒に本を見ながら、どの形にする?どんな色にする?と相談。

一人は、長袖の開襟ワンピースがいいとのこと。

開襟ワンピースは、開襟部分、スカートのタックなど、私にとっては未経験のことが多そう・・・。

頼まれなければ作らない形なので、チャレンジしてみることにしました。

 

まずは生地の水通しと地直しから。

天気のいい日、ベランダで陰干しに。

 

開襟ワンピースは前回作ったものよりも複雑なので、型紙作りと布の裁断を正確にするのが大切そうです。

なので、材料の買い出しのときに曲線用の定規も購入。カーブがきちんととれるだけでなく、縫い代も正確にとれる便利な道具です。

 

襟や肩口には曲線用定規を使って型紙を丁寧にとり、ルレットも使って布に写し取っていきます。

 

何度か間違えてヒヤヒヤしつつ、その度に手順を見直しながら進めます。

写真は襟の見返し部分。

 

疲れてくるとお茶休憩をはさんで(大変重要です)、アイロンをかけてついに完成!

 

冒頭の本には、余り布やハギレの活用方法も載っています。

せっかくなので、私の服を作ったときのハギレも合わせて、鍋つかみを作ってみました。

 

ミシンの作業に入ると、どんどん形になっていくのが楽しい洋裁。

人に頼まれて作るのは今回が初めてでしたが、

似合うといいな、喜んでくれるかな、などと考えながら進めるのは、初めて味わう楽しさでした。

自分では挑戦しない形や色を作れるのも頼まれる楽しさです。

また誰か頼んでくれないなぁ・・・と心待ちにしています。

 

byくりむ

-さびないココロ, くりむが書いた記事
-, , , ,